叩く・打つ・曲げる・彫る・削る・溶かす。彫金の基本を用いて一作品ごとに金属と向き合い形式に捕らわれず直感や遊び心、自由な発想の元美しい形を職人の目で探し、自然界や古代芸術からのインスピレーションでartisan jewelryを追求。技術のみならずイタリアで経験した習慣や空気感は制作の方向性を決める世界観で表現しています。量産方向には向かわず今感じる事を作品に落とし込み形にしています。

坂本恵美子 Sakamoto Emiko


東洋美術学校グラフィックデザイン科卒業
ヒコみずのジュエリーカレッジ自由設計コースでジュエリーの基礎を学ぶ
2000年〜2007年イタリア・フィレンツェに彫金伝統技術を学びに渡伊
BINO BINI等で打出し、洋彫りを習得
フィレンツェ郊外の銀食器工房Foglia Argenteriaで約3年間修業
帰国後、東京を中心にVENDEMMIA arte orafaとして金属作家活動中
グループ展参加多数


自然界や古代から受け取ったインスピレーションを銀・銅・真鍮に落とし込み、イタリアで学んだ伝統技術に敬意を払い独自の世界観で表現するArte Orafa(Art Jewerly Maker)を目指しています。

公式ホームページはこちら
https://vendemmia.wixsite.com/arte-orafa-vendemmia

Instagramはこちら @vendemmia_orafo

banner_2000×1500_gallery.jpg

2020年12月、日本でも「Jewelry week 2020」が開催されます。全国各地で多彩なジュエリーとの出会いを創出するイベントです。海外では、業界関係者のみならず、広く一般公開されるジュエリーのイベントとして「Jewelry Week」が毎年開催されています。SPACE AOはその記念すべき第1回目のイベントに参加することとなりました。葉山で「Jewelry Week」を楽しんでいただける絶好の機会です。ぜひSPACE AOへお越しください  https://jewelryweek.jp

 

ちいさいながらも、皆さまの暮らしに色を添えるような作品をご提供する場所を目指します。平面作品の他に木工、地金、陶、ガラス、ファブリック等を使った作品をご紹介させて頂くとともに、アーティストのデビューの場として力添えさせて頂ければ幸いです。

空きスケジュール、料金などのご利用詳細、見学希望、展示に関するご相談などお気軽にお問い合わせください。心よりお待ちしております。

switch_02.png
switch_01.png

神奈川県三浦郡葉山町堀内444-1

新葉山庭園住宅B号 〒240-0112

TEL:046-874-5948

FAX:046-874-5949

お問い合わせ:art@spaceao.com

営業時間

11:00 〜 18:00

木曜定休

google.png

公共交通機関でお越しの方

JR逗子駅から京急バス【逗11】【逗12】系統にて約13分、元町バス停下車、徒歩3分

京急逗子・葉山駅から京急バス 【逗11】【逗12】系統にて約9分、元町バス停下車、徒歩3分

お車でお越しの方

横浜横須賀道路〜逗葉新道、県道311号線、国道134号線を経て、逗葉新道終点出口より約11分。近隣のコインパーキングをご利用ください。

 
 

『Death Valley〜Ryuichi Oshimoto Photo Exhibition〜

   2020.9/4〜9/15

押本龍一さんの写真展『Death Valley』たくさんの方に楽しんでいただきました。葉山在住の押本さんが可能な限り在廊してくださったので、アメリカに長く住んでいたからこそ聞ける、現地の道路状況、キャンプ事情などお話をたくさんしてくださいました。モノクロ、セピア、カラーと写真の楽しみ方が異なる点も改めて勉強になりましたし、額装もとても素敵でした。押本さんの人物のお写真も私はとても好きなのでまた次回楽しみにしていてください。また、国内のなかでもとりわけ葉山の写真を見たいとおっしゃる方も多かったので、企画できたらと思っております。カメラメーカーSIGMAでの押本さんのWeb連載『私の出会う光景』は月2回のペースで更新されています。ぜひ、チェックしてみてください。 www.sigma-global.com

10月末日  代表 東谷 純子

『A T-SHIRT〜7人の作家によるTシャツ展〜

   2020.7/31〜8/10

7名の作家さんにご協力いただき念願のTシャツ展を開くことができました。きっかけは『山田博之』さんのFacebookにて展開されている『今日の一枚』のファンになったこと。続いて『アイハラハルノブ』さん、『キヌマキトシコ』さんにご賛同いただき、NORENさんが参加表明。『青木まめ』さん、『樋口薫』さん、さらに樋口さんが声をかけてくださり『小倉千加子』さん。それぞれに個性が生きたバリエーションに富んだ面白い展示となりました。次回はテーマを決めて書き下ろしていただき、できれば恒例となっていけばいいなと構想を膨らませております。芸術の秋がサラッと終わってしまいそうで憂えている今日この頃。
9月末日  代表 東谷 純子

『いきものEXPO3』2020.6/19〜6/30

  アイハラハルノブ(画家)& nicosui (ニードルフェルト作家)による2人展

6/30に『いきものEXPO3』が無事終了いたしました。
お越しいただいた皆さま本当にありがとうございました。SPACE AOはおかげを持ちましてとても素晴らしい滑り出しができました。また、第一回目に自らがファンである作家さんの個展を開くことができましたこと、
とても幸運でございました。可愛らしさに、ユーモア感がプラスされた作品群には心惹かれた人が多かったようです。次回のA T-SHIRT展にも作品を出展していただけることになりましたのでお楽しみに。コロナ禍には、今少し悩まされそうですが、ぜひまたお気軽にお越し下さいませ。
6月末日 代表  東谷 純子

メール配信登録

最新のイベント情報を
メールでお届けします。
 

Copyright © 2020 SPACE AO. All Rights Reserved.